ホーム > たばこを吸う方へ
たばこを吸う方へ

たばこを吸う人こそ、歯科医院へ

全身に影響する病気を引き起こす歯周病との因果関係が明らかにされている現在、タバコを吸う人こそ、歯科検診で歯周病のチェックを行い、症状があれば治療を受けましょう。さらには、その原因である喫煙習慣をすぐにやめて、お口の、そして全身の健康を取り戻すことをおすすめします。

なぜ禁煙にこだわるのか

なぜ禁煙にこだわるのか

当クリニック院長の私はおそらく他の歯科医の数倍以上、喫煙習慣のある患者さんに禁煙をすすめています。それは、比較的喫煙者に甘い日本の社会状況において、多くの喫煙患者さんでタバコが原因で歯周病を患い、歯を失っている、あるいは将来失う可能性があるとわかっている現実を前に、その治療に全力を尽くしたいからです。
が、実は、それ以上に私が注力したいのは、禁煙そのものです。タバコを吸う患者さんには、私はまず禁煙をおすすめしています。タバコが原因となった歯周病の治療には限界もありますし、歯周病菌が悪さをするのはお口の中だけにとどまらないという難点もあります。要は、対処療法で時間やお金を費やすよりも、根本原因を取り除くことが大事だと考えます。それは、なるべく健康な歯で老後の生活を送る、という将来への近道でもあるのです。
禁煙はむずかしいとおっしゃる方も、端から私の言葉に耳を傾けていただけない喫煙患者さんもいます。でも、喫煙が原因となる歯の不具合や歯周病で来院されたり、それが検診で見つかったりしたときには、その根本原因である喫煙をまずやめていただくこと。それが私の歯科医としてのゴールのひとつであることをご理解いただきたいと思います。
そういった患者さんの喫煙習慣を解き、禁煙を成功させる自信が私にはあります。超がいくつもつくほどのヘビースモーカーだった父が、病中だったせいもあってか、ある日突然、禁煙。これには私も驚きましたが、それで自信がつきました。どんな人でも、タバコをやめることができるのだと……。この思いを
胸に、実際、多くの喫煙患者さんを禁煙に導いてきました。もちろん、患者さんご自身の意志や努力が大前提になりますが、ご本人が禁煙を決意されるのなら、私も協力を惜しみません。ぜひ一緒に、禁煙そして健やかなお口の状態を目指していきましょう。