ホーム > 歯周病とたばこの影響
歯周病とたばこの影響

歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病とは、お口の中の歯垢(プラーク)内の歯周病菌が歯を支えている部分(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)に炎症を引き起こし、果ては歯そのものが元気であっても、支えている骨を溶かしてしまうので、歯を失うことに至る病気です。歯を支える骨=土台に支障があっては、入れ歯やインプラントなどの治療を行うにしても困難を伴います。
そして、この病気が歯の喪失以上に怖ろしいのは、最近の研究によると、歯周病菌と全身の病気との密接な関係がわかってきたことです。糖尿病、肺炎、心臓血管疾患、早産・低体重児など、全身にわたる病気に歯周病が影響を及ぼしているのです。
今や、成人の8割が歯周病であるとも言われていますが、加齢や不適切なメンテナンスなどによって病状はどんどん進行するのに、炎症で歯茎がかなり腫れるなど深刻な状態になるまで自覚症状も少なく、しかも治療による完治が見込めない、という厄介な病気が歯周病です。現在、唯一、有効な予防法といえば、やはりご自宅での日々のきちんとした歯磨き、加えて歯科医院のプロによる定期的なプラークのクリーニングです。

喫煙の歯周病への影響

歯周病の直接的な原因は歯周病菌ですが、実は、それだけが原因ではありません。お口の中の状態、食生活、生活環境、健康状態など、さまざまな要素がからみ合ったとき歯周病菌が活発に悪さをする、いわば生活習慣的病気なのです。さらに、喫煙、糖尿病、骨粗鬆症、過労、ストレスなどによっても歯周病は引き起こされる可能性があります。なかでも、タバコとその煙には、発がん物質をはじめ、200種類以上の有害物質(ニコチン、タール、一酸化炭素など)が含まれていて、これが50種類以上の疾病だけでなく、歯周病の主要な危険因子だとみなされています。

タバコが歯周病を悪化させる=症状がわかりにくい理由

・ニコチンには強い血管収縮作用があり、歯茎が炎症を起こしても出血が抑えられてしまい、症状を見逃しやすくなる。同時に歯周ポケット内の酸素が不足し、嫌気性の歯周病菌が繁殖しやすい環境を与えてしまう。

・ニコチンと一酸化炭素により、歯周病菌と戦う白血球の免疫機能が低下し、症状を改善しにくくなる。

・歯肉を修復するために必要な細胞の働きが抑制され、治療の予後が芳しくなくなる。

こういった現象は、すべてタバコの弊害。通常は血中の白血球が歯周病菌と戦って歯周病の進行を抑えてくれますが、喫煙する患者さんでは、この白血球による免疫機能がかなり低下し、症状が進行するばかり。しかも、ニコチンによって血管が収縮し、白血球や酸素そのものが運ばれにくくなることも重なり、治療しても治りが悪く、改善のスピードより悪化のほうが速くなってしまうことがあるわけです。
歯茎の腫れが少ない、ブラッシングしても血が出ないといったことも、喫煙患者さんの歯周病の場合、決して健康だからではなく、炎症症状が目立って出てこないという特徴。これが、自覚症状が少なく、進行に気づきにくい理由です。このほか、喫煙患者さんにおいては、タールによる色素沈着や口臭、むし歯のリスク増加などが挙げられます。

改善への対策

改善への対策

喫煙患者さんの歯周病が進むと最終的に、あごの骨の破壊が進み、根の先端しか埋まっていなくなることで、歯はグラグラに。最終的には抜けてしまいます。
しかも、骨が破壊されているということは、入れ歯やインプラントといった、
土台が必要な治療が施しにくくなり、たとえ実施しても、なかなか定着しにくいといったリスクがあります。
そうしたリスクを回避し、なるべく「8020(はちまるにまる=80歳で20本の歯を温存する)」を目指すためには、なによりも、ご自身の日頃の歯磨きなどのメンテナンスと、歯科医院でのこまめな検診が大事です。喫煙者の皆さんはとくに病状悪化を予防することが第一なので、半年に1回、最低でも1年に1回の検診を受けることを強くおすすめします。

そして、検診よりさらに実行していただきたいのが、禁煙です。禁煙すれば、歯周病に限らず、がんをはじめ全身に関わる病気のリスクを低下させるとともに、ほかにもいいことがたくさんあります。その証拠に、当院で禁煙に成功した患者さんたちは、「呼吸が楽になった」「食べ物の味がわかるようになり、食事がおいしく感じる」「口臭がなくなったようだ」「家族が喜んでいる」など、そのメリットを多く寄せてくださっています。
禁煙してまずは1年、治療しながら様子を見ましょう。歯周病はかなり改善し、お口の中は健康な状態に戻っていくはずです。さらに、禁煙を5年、10年と続けて、当院でのメンテナンスも重ねていけば、不本意に歯を失うことのない老後を迎えることができるでしょう。

禁煙のためには、現在、有効なお薬(チャンピックス)も出ていますし、専門の病院もご紹介しますので、ぜひ院長までご相談ください。