禁煙ブログ

2013年10月27日 日曜日

松沢 成文議員 国会質問

都筑区 センター北 井上歯科クリニック 井上です。

24日に松沢さんが国会質問で,日本のタバコ対策の遅れを質問しました。nosmokingnosmokingnosmoking
ライフワークの受動喫煙防止対策の推進について、安倍晋三首相らの見解をただしました。

 松沢さんは、日本が世界保健機関(WHO)の「たばこ規制枠組み条約」に加盟しながら、受動喫煙防止に向けた罰則付きの法整備をしていない遅れを指摘しました。

非常にわかりやすい口調で、安倍晋三首相・麻生財務大臣・田村厚生労働大臣につぎつぎに質問。それぞれに喫煙歴など問いただすのはなかなか良かったです。

 また、WHOと国際オリンピック委員会(IOC)が「たばこのない五輪の実現」などに関する合意文書に調印していることを踏まえ、「2020年に東京五輪を開催する以上、受動喫煙の防止は待ったなし。県知事時代に神奈川で受動喫煙防止条例を制定しており、いいひな型もある。五輪成功のために、政府として受動喫煙防止法を作ると宣言してほしい」と首相に迫りました。

 24・5歳?まで喫煙者smokingだったと明かした首相は受動喫煙の害について「(たばこを)吸っているときは不愉快だと気付かないが、やめた途端によく分かる」と松沢氏の主張に同調。「神奈川の条例は承知している。東京都の条例で対応するのか、国として法律を作るのか、あるいは今進めているさまざまな施策で成果を上げていくのか、検討していきたい」と答えました。

神奈川県でできたのだから東京、いや日本全国でもできるはずです。

安倍晋三首相の言葉にタバコ=不愉快というのがでてきたのが良かったです。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック | 記事URL

2013年10月20日 日曜日

15周年記念食事会

都筑区 センター北 井上歯科クリニック 院長 井上です。

昨日、あざみのうかい亭で15周年記念食事会をしました。
15周年・・・本当は9月1日なんですが、全員参加ということで10月になってしまいました。
メニューは旬の味覚とうかい牛コース。
みんなでシャンパンで乾杯・ワインもおいしかったです。




美味しく食べれるということは本当に大事ですね。
歯・・・は本当に大事です。
個室でタバコフリー(タバコの無い世界)でおいしく食べられました。

おいしい食事の基本は・・・じょうぶな歯とタバコフリーですね。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック | 記事URL

2013年10月17日 木曜日

インプラントの患者さんのインタビュー

都筑区 センター北  井上歯科クリニック 院長 井上です。

インプラント患者さん感想(インタビューより)

 やるきっかけは受付からインプラントの話を聞いてからです。happy01
以前よりインプラントには興味はありました。しかし、今更という考えもあり迷っていました。
しかし先生より模型や写真をみせてもらい、安全な方法だということがわかって安心しました。
まったく恐怖心はありませんでした。
 手術はぜんぜん痛みがなく、腫れもほとんど出ませんでした。
前日に九州旅行から帰ってきたばかりのハードスケジュールのため、微熱が数日でました。
しかし痛みがなかったので、ふだんどおりの生活が送れました。
 今はまったくインプラントをいれている感じがしません。
他の銀歯もすべて取り替えて、白くしました。
それがなによりうれしくて満足度は100パーセントではなく150パーセントです。
孫達にも自分の歯をみせられるのでいつも笑顔でいられます。
本当に若いときに戻ったみたいです。今は大事にするため歯を倍の時間磨いています。
コーラが好きなので先生に注意されていますが、今は止められません。
それだけが心配ですが、インプラントをやって本当に良かったです。smile
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック | 記事URL

2013年10月 6日 日曜日

歯学部同窓会卒後研修セミナー

都筑区 センター北 井上歯科クリニック 院長 井上です。

 本日、歯学部同窓会卒後研修セミナーに参加してきました。午前に鶴見大学歯学部口腔内科学講座 里村 一人先生に「再生医療の最前線と歯科における今後の展開」という演題でお話いただきました。まず再生医学とは・再生医療とはという基本的なことから始まり、歯の発生のお話になりました。歯原性上皮細胞が形成する組織はエナメル質のみであるのに対し、歯原性間葉細胞が形成する組織は歯髄、象牙質、セメント質、歯根膜、歯槽骨の多種類に及ぶということです。
 今後の目標は、セメント質、歯根膜再生型のインプラントの開発ということでした。技術的には10年ぐらいあれば開発できるそうです。問題は経済的な問題で、価格です。実際の歯ができるまでには歯胚を植えて完成する時間がかかりすぎるということで、インプラントの開発(インプラントの表面に加工する)に絞っています。
 その他、興味深い話題として、メラトニンの生理作用(催眠作用・免疫賦活作用・抗性腺作用・抗腫瘍作用・抗酸化作用)のうちの催眠作用に注目しているそうです。睡眠導入剤として2週間から1ヶ月で、副作用なし。医科の先生が個人輸入で使用して効果を挙げているとのことです。
 午後は月星 光博先生の『これからの「エンド」の話をしよう』という演題の講演でした。演題はマイケル・サンデーのJUSTICE 『これからの「正義」の話をしよう』からとったそうです。夜中(午後11時ごろ)知り合いの知り合いが歯が痛くてどうしようもない、という電話があり診療したそうです。そのときの保険の治療費が1,810点(18,100円)でした。その患者さんはタクシーで月星先生のところに来られて、診療後もそのタクシーに乗って帰ったそうです。そのタクシー代が20,400円・・・その時にわが国の根治の値段の安さを嘆いたそうです。それから、わが国の外傷治療に正義はあるのか・・・といろいろ考えさせられる、とお話されました。
 歯科医にはモラルハザードが大事で、得・徳・仁(いつくしみ・慈愛・思いやりの心)が大切と仰いました。エンドはまず①ラバーダム・②GIC(グラスアイオノマーセメント)による仮封・③器具の滅菌が基本ということでした。さらに①コーンビームCT(10年5ヶ月前に導入)②手術用顕微鏡③超音波根管内洗浄④ニッケルチタン器具・・・などは非常に有効ということでした。最後に「外傷歯の診断と治療」「治癒の歯内療法」は是非読んでくださいということでした。
 講演は大変よかったのですが・・・会館の入口の喫煙コーナーで、10人ぐらいタバコをすっていたので通過するのにとても辛かったです。nosmoking
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック | 記事URL

2013年10月 4日 金曜日

ソーダを飲むと子どもは悪くなる

都筑区 センター北 井上歯科クリニック 井上です。

今日のレアジョブでおもしろい話題がありました。

ソーダpaperを飲みすぎると子どもが乱暴になって悪くなる・・・そうです。
はっきり原因はわからないそうですが、カフェインか中の刺激物が原因みたいです。

まあ、歯も溶けるしソーダの飲みすぎはいけませんよ。

なんて言って、今日も夕飯時ビールbeerを飲んでしまいましたが・・・・・。

Drinking Soda Contributes to Children's Bad Behavior ,Study Says

A new study by the researchers from Columbia University, Harvard, and University of Vermont shows that soda may cause young children to become aggressive.
The researchers studied around 3,000 children aged five and asked the mothers to report their child's soda consumption. Mothers also accomplished a checklist on their child's behavior in the last two months to measure attention and aggression. The researchers also asked mothers how many servings of soda their children drank per day.
Overall, 43% of the kids drank at least one soda per day and 4% drank four or more servings. Dr. Shakira Suglia, epidemiologist at the Mailman School of Public Health, also said that the more soda a child drinks per day, the more aggressive he or she becomes.
Compared with children who did not consume any soda, those who had four or more soda a day were over twice as likely to be aggressive. Being aggressive involves destroying other people's belongings, physically attacking others, and engaging into fights.
This research agrees with previous studies saying that adolescents were more aggressive toward others and more likely to hurt themselves the more soda they drank.
Given the results, the researchers clarified that the relationship between drinking soda and aggression is yet to be proven.  Suglia also added that soda contains caffeine, a mild stimulant that may contribute to a child's aggressive behavior.
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック | 記事URL