禁煙ブログ

2016年1月17日 日曜日

父親の我が闘病記

都筑区センター北 井上歯科クリニック 院長 井上です。

かたずけをしていたら、父親の闘病記が見つかりました。
亡くなるまで22回入退院を繰り返しました。

1 昭和48年1月(1973年)44歳
  尿路結石(大分・工藤病院)
土曜日の朝3時ごろ急に背中が痛み出す。日曜日は様子を見るため往診を受ける。
入院hospitalすることとした。県立病院で再検査したところ、1/31に手術は如何かとのことだったが、入院3か月では永すぎる。物理療法としら。痛みもとれて退院、3月初旬に排尿時に欠席は自然排出した。

2 昭和54年10月10日(1979年)47歳
 椎間板ヘルニア(東京衛生病院)
雨で延期の会社の運動会を6年ぶりに豊島園で開催。
終わり近くの"兎跳び競争"に出場、競争のあまり2回転倒、腰を痛めた。
豊島園事務所に行く途中に歩行不能となる。練馬総合病院で診察、痛みが取れたので、タクシーで荻窪社宅へ、バイブレーターをかけたところ急に痛み出す。俊弘に背負われて、東京衛生病院に入院hospital。11/2退院以降リハビリ通院する。(入院24日)

3 平成7年4月8日(1995年)63歳
 盲腸兼腹膜炎(4/9~5/8)入院 (北習志野花輪病院)
4/8満開の中山競馬場から帰り、夕食のとき急に腹痛が走った。
一晩寝れば良くなるかと思ったが、さにあらず休日診療所の「東船橋クリニック」から「北習志野花輪病院」に転院した。4/13手術(入院30日hospital

4 平成8年1月29日(1996年)64歳
 白内障(東京慈恵医大)
 平成7年12月免許証の切り替えが来て、視力の衰えを感じた。
佐伯眼科にて視力不足精密検査を要す。東京慈恵大にて診察の結果、手術をした方が良しとのこと。1/29入院hospital、1/30手術(左)、2/2右手術2/4退院、その後通院

5 平成8年6月26日(1996年)
右足首捻挫
 八幡CCにて右足首捻挫、XRの結果骨折なし。
 




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック