禁煙ブログ

2014年3月13日 木曜日

ばんぺいゆ(晩白柚)

都筑区 センター北 井上歯科クリニック 院長 井上です。

インプラントの患者さんからめずらしいものをいただきました。
熊本から送っていただいたそうですが、ばんぺいゆ といいます。


以下、ウィキペディアから引用です。

晩白柚(ばんぺいゆ)は、柑橘類のひとつで、ザボンの一品種である。名前は、晩(晩生)・白(果肉が白っぽい)・柚(中国語で丸い柑橘という意味)に由来する。

ザボン類は柑橘類の中でも果実が巨大で皮が厚いが、晩白柚は特にこれが著しく、直径25 センチメートルになるものも珍しくない。

香りがよく、鼻を近づけると、やんわりとした甘酸っぱい香りがする。果汁は少ないが果肉はサクサクとした歯ざわりで、よく熟したものは甘みと酸味のバランスに優れる。晩白柚は保存性が高く、皮が柔らかくなり、食べごろになるまで1ヶ月間ほど置いておける。

日本には1920年に、植物学者の島田弥市が、現在のベトナムの船上で食べた柑橘があまりにも美味しかったため、サイゴンの植物園から株を分けてもらい伝わった。しかし、当時は栽培法がわからず普及には至らなかった。

1930年に台湾から鹿児島県果樹試験場に白柚(ぺいゆ)の株が導入され、最適産地の熊本県八代市地区に根付き、改良が行われた結果、現在は八代市の特産品となっている。

2005年に八代市の農家で収穫された晩白柚が、世界で最も重量が重いザボン類としてギネス世界記録に認定された。

日本における2010年の収穫量は971 トンであり、その97%は熊本県で生産されている。

砂糖ずけにして食べたらとても美味しかったです。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック