禁煙ブログ

2013年9月22日 日曜日

オードリー・ヘップバーン

 都筑区センター北 井上歯科クリニック 井上です。

 読売新聞でオードリー・ヘップバーンの映画がデジタルリメイクされるという記事をみました。その前に英語の勉強をしようと思って、ローマの休日を見たばかりでした。ちょっとびっくりしたのは、オードリー・ヘップバーンの喫煙シーン。
smokingsmokingsmokingsmokingsmoking
 王女様がお忍びでローマじゅうを遊びまくるというお話でしたが、ボーイフレンドの友人にタバコを吸わされてしまうのです。禁煙学会に所属している身としては、オードリーの可愛らしさとタバコがどうも似合わないのです。まだその当時はタバコがダサイなんてことは無かったのでいいとして、今改めてみると違和感が大有りなんです。私が問題と思うのは、あえてオードリー・ヘップバーンをファッションリーダーとしてまた再登場させなくてもいいのではないかということです。オードリーはそのまま綺麗な可愛らしいままでいて欲しいと思うのです。過去の記憶は段々薄れていきます。coldsweats01

 オードリーがタバコをバカバカすっていたなんてみんな忘れています。喫煙シーンのある映画を再度注目させるのはやめたほうがいいと思います。わたしには綺麗な笑顔だけが印象に残っています。実際オードリー本人は62歳という若さで、肺がんで亡くなっています。晩年はスモーカーズフェイスで若い頃の美しさを失っています。日本人の女性はオードリーを目標にしないほうがいいと思います。ちょっと痩せすぎだし、あまり健康的とはいえません。オードリーは思い出の中のかわいいオードリーでいて欲しいと思います。coldsweats02
 



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック