禁煙ブログ

2013年9月12日 木曜日

タバコの使用制限が命を救う

都筑区センター北 井上歯科クリニック 井上です。

レアジョブ(英会話)の今日の話題より・・・・・・happy01

タバコの使用制限が命を救う!

 世界保健機構(WHO)によると、あるタバコ規制を使うこと

によって、世界中の何万という死を予防することが出来る。
 

 

 WHOによると世界中の反タバコキャンペーンが成功して、

何千万というタバコを吸わない人々が、タバコを吸わなくて

も済んだ。

2008年 WHO略してMPOWERという6つのタバコ規制方

法を発表した。MPOWERはM=タバコ使用のモニタリング・

P=タバコを吸うことから人々を守る・O=タバコをやめるよう

にいう・W=タバコの害について人々に警告する・E=広告を

禁止する・R=タバコの税をあげる
 
 

 タバコをすうことはガン、呼吸器疾患・糖尿病・心臓疾患を

引き起こすことが証明されている。

WHOによるとタバコは年間600万人を殺している。それらは

HIV・マラリア・結核で亡くなる人々を合わせた数よりも多い。

しかしながら、WHOはこの悪癖は世界の死因の最も予防でき

るものの一つであると確信している。


  
 このレポートによると、41カ国が6つのMPOWER政策を少

なくとも一つは現在、実行している。

これらの国々のうち24カ国が総合的タバコ広告規制を実行

している。WHOはタバコ使用を制限するのに最も効果的な

ものの一つとして広告の規制をあげている。

WHOのダグラス・ベッチャー氏はこれらのコントロールの

方法を2010年から各国が行って、740万人の命を救う

ことができたと述べている。

これらの国々の中には中国・タイ・トルコ・オーストラリア

が含まれる。

・・・・・なんで日本がないんでしょうか?coldsweats02



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 井上歯科クリニック